星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

パアララン・パンタオ2013年8月④

☆エラプ校 Cimg3700


6日は、朝からレティ先生とジンと一緒にエラプ校へ行く。運転手はルディさん。ラリーさんとルディさんのふたりのおじさんは、学校の雑用をあれこれとこなしてくれる。レティ先生のいい友人だ。

先生たちは去年から変わらないが、去年は滞在中ずっと台風でクラスがなかったので、ベイビー先生以外の先生は、たぶんはじめて会う。 Cimg3708

クラスめぐりする。

1階2クラス、ベイビー先生とライジェム先生。
2階2クラス、リザ先生とアン先生。
3階1クラス、マリリン先生。
午前中は4歳から5歳の生徒が各クラス22〜30人、
午後は、5歳から8歳の生徒が各クラス21〜28人、
全部で252人。
パヤタス校の84人とあわせると、336人の生徒が登録している。 Cimg3712


子どもたちが、パアララン・パンタオへようこそって、声をそろえて挨拶してくれるのが、たいへんかわいい。
雨季で、小さい子たちは風邪ひきが多くて、来ている生徒はふだんより少ない。

先生たちが、お土産ありがとうって言ってくれるんだけども、あかすりタオルとボールペンぐらいなのに、今度はもっと何かいいものを考えます、っていつも思うけど、いつもあかすりタオルとボールペン……。



ライジェム先生以外は女の先生だが、ライジェムも女の子みたいに見える。月曜はメイクアップしてきてたよ、とか、からかわれてたけど、夜は「彼女」で、昼は「彼」らしい。学校では「彼」でいるようにってことになってはいる。

朝の生徒たちが帰ったあと、レティ先生とエラプの先生たちと懇談。