星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

役に立つ

日曜日なのに早起き。いつも週末の午前中はとっぷりと眠る息子も早起き。
バザー会場の国際会議場には9時頃着いた。息子が荷物運びやら、展示やら手伝ってくれる。意外に役に立つので驚いた。

するとそこに、河野先生が差し入れに来てくださって、なんと、この本。「こども時刻表」。1990年の。Cimg5999_2






息子は何が起こったのか、にわかに理解できなかったみたいで、ぼうっとしていた。それは彼がすごーく欲しかった本だったのでした。
ありがとうございます。彼には、何よりうれしいごほうびになりました。
「試験終わってから読む」とけなげに自分でそう言って、しまってましたが、明日にはもう読み終わっていると思う。

あとてわかったんだけど、息子は河野先生のことを覚えていなかった。こないだ会ったでしょ、ママのお友だちのお医者さん、って言ってから私も気づいた。4年ほど前のこないだでした。子どもは、覚えていなくてもしょうがないのか。子どもからすれば、そんなに昔の話なのか、とちょっとくらっとする。話しているうちに、すこし思い出したみたいだけど。何を思い出したのかな。

昼ごろ、パパが迎えに来てくれて、屋台でごはんのあと、息子はパパと一緒に、どっかの喫茶店に入って、そこで、終わっていない週末課題をせっせと片付けた、らしい。
それでまた終わるころ、やってきて、荷物の片付けと運ぶのと、手伝ってくれた。
もしも、テストの点がよくなくて、担任の先生に何か言われても、今回はかばってあげるよ。週末、母のボランティアの手伝いをさせていましたって。
家にいたら勉強したかって、しなかったと思うけど。

手伝ってくださったみなさま、足を運んでいただいたみなさま、本当にありがとうございました。1年ぶりそれ以上ぶりに、友だちに会えたのもうれしかったです。ジュースパックのリサイクルグッズ、こんなものはどうかなと、注文出してつくってもらってみたものが、売れると、ちょっとうれしい。

今月末、パアラランにクリスマス送金の予定です。ご支援くださるみなさま、ありがとうございます。パアラランの子どもたちは今日、バスに乗って郊外学習に行ったみたいです。アラスカミルクという企業がスポンサーかな。子どもたちの帽子やシャツもプレゼントしてくれたみたい。