星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

ピクニック

 

f:id:kazumi_nogi:20180402050656j:plain f:id:kazumi_nogi:20180402050839j:plain

 

息子のピアノを買ってくれたのはおばあちゃんだ。帰省したときに孫にピアノを弾いてもらうのを楽しみにしている。
おばあちゃんの家には以前使っていた電子ピアノがあり、そこには、おばあちゃんが、おばあちゃん合唱団で歌う曲の楽譜がおいてある。
それで、きらきら星変奏曲など弾いたあとの、おばあちゃんのリクエストが、そこにある楽譜のを弾いてみて、ってことだった。「ピクニック」という曲。「丘を越え行こうよ、口笛吹きつつ♪」というやつ。
有名な童謡、だが、息子はその曲を知らないという。楽譜を見ながら、はじめての音をたどる。
たどっていて、気づいた。「これ、あの曲だよ」
息子がユーチューブで見せてくれたのを見て、私も気づいた。これ、息子のクラスの担任が学年の終わりに、一年間のクラス写真をまとめてDVDに入れて渡してくれた、BGMにかかっていたやつだ。

「やってみよう」 フルver. /WANIMA【公式】 - YouTube

息子、がぜんはりきって、楽譜のコピーをもらって弾けるようになるつもり。
おばあちゃんは、孫が気に入ってくれたのがうれしくて、「めえめえやぎさんもー」のメエメエの鳴き声のところが、年寄りがするから、おもしろいのよー、と話すが、
まさにその箇所を弾いている孫の頭のなかで、鳴っているのは、同じ旋律ながら、全然違う曲なのだが。


f:id:kazumi_nogi:20180402051033j:plain

午後、向こうを出て、途中で電車と桜も見て、夕方帰って、夜になってから、楽譜を眺めていた息子、歌詞に、アヒルや山羊や犬や鶏が出てくるのにようやく気づいて、
「これ、鳴き声のとこ想像したら、すごい面白いよ」と言う。

ざっと8時間遅れで、おばあちゃんの話に追いついた。