星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

同時多発

豪雨被害のこと、友人のみなさまにご心配かけていますが、わが家は無事。雨漏りだけです。いろいろ大変な思いをされている方、お見舞い申し上げます。
6日の深夜に、兄から電話かかってきた。数キロ先の被災現場が全国ニュースで報道されたので。いやいやうちは大丈夫よと返事して、数時間後、7日の早朝には、宇和島が1時間100ミリの降雨と聞いて、今度は私が、父のところ兄のところに電話。こんな雨ははじめてだなと言いながら、父のところは雨漏りだけ、兄は仕事で通じず、午後になってから電話がきて、浸水しているところもあるみたいやけど、ここらは大丈夫よ、と聞く。わりとのんびりした口調だった。
ニュースで四国の映像が出てこないし、でも死者は多いし、気になってネット見たら、いやもう、土砂崩れとか河川の氾濫とかしてるし。国道が浸かったら、陸の孤島になる。今日になってようやく、海から船で、地元メディアが吉田(宇和島の被災現場)に入ったという記事をSNSで見かける。みかん山の上から海まで、土砂崩れ。なつかしい景色が一変している。
こんなに同時多発だと、報道なんて全然追いつかないんだろう、と思う。

7日の文化祭は中止になり、息子はiPad抱えて、鉄道の被害状況を追っていた。
学校の下級生の女子が、ツイッターに壊れた鉄橋の写真をUPしたところ、全国各地の鉄道オタクたちがリプを返してきて、その内容がなかなか専門的なので、女の子、理解がついてゆかず、私、駅名とか国語とかもっと勉強します、と返事していた、という話が、かわいらしかったけど。
今朝、息子が、宿題しているふりで宿題せずに書いていたのがこれ。

f:id:kazumi_nogi:20180708144138j:plain

山陽線呉線芸備線、こんなにたくさん壊れている。なんかとほうもない。息子の学校は電車通学の生徒たちも多いのだが。

家の向かいが森なので、木々の葉を打つ雨音と、流れてくる水の音がすごい。森が水がたまって沼のようになっている。森の奥には池があり、ロダンの考える人の像がある。この森には昔、人間嫌いおじいさんが住んでいたらしく、おじいさんがつくった庭の名残の池とロダンなのだが、日ごろ水のない池が水のある池になっている。山から滝のように水が流れている。雨音、聞き疲れた。

f:id:kazumi_nogi:20180708150726j:plain f:id:kazumi_nogi:20180708150802j:plain