星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

フィリピンに行っていました。(パアララン・パンタオ)

 

f:id:kazumi_nogi:20180803011239j:plain f:id:kazumi_nogi:20180803012354j:plain 

7月25日から8月1日まで、フィリピンに行っていました。いつものように、パアララン・パンタオに滞在。

まず、会う人会う人から、この度の西日本豪雨災害への心配とお見舞いの言葉を聞きました。
フィリピンも自然災害の多い国であり、パヤタスでは、2000年に雨でゴミ山が崩落し数百人が犠牲になるという事故もあったことから、わがことのように心配してくれていました。被災地のみなさま、友人のみなさまへのお見舞いを、お伝えします。

...

さて。いろんなことがあったんですけど。息子、それも14歳という難しい年頃のを連れて行ったので、いつもと少し違っていたし、フィリピンの友人のみなさまには、本当に本当にお世話になりました。ありがとうございます。息子にはとてもいい経験になったし、とても楽しかったです。
詳しい記事はまたゆっくり。 

     f:id:kazumi_nogi:20180803011524j:plain f:id:kazumi_nogi:20180803011758j:plain

パアララン・パンタオの写真から。
先生たち、奨学生(アシスタントの先生)たち。中央の車椅子がレティ校長。エラプ校とパヤタス校の建物。両校の生徒たち。

 

f:id:kazumi_nogi:20180803011412j:plain f:id:kazumi_nogi:20180803013637j:plain

 

 f:id:kazumi_nogi:20180803011010j:plain f:id:kazumi_nogi:20180803014116j:plain

 

今年は2校で計143人の子どもたちが登録しています。
パヤタス校61人(午前30人3~4歳と6歳 午後31人4~9歳。6歳以上の生徒も数人います。小学校に入学しそびれたり、通えなくなって学びなおしに来ている) 
エラプ校82人(午前41人2クラス、3~4歳 午後41人2クラス、4~5歳)


子どもたちもスタッフたちも元気でがんばってます!
詳細またお知らせします。ところで、
パアララン・パンタオの運営費が底をついています。7月は先生たちの給料を払うことができましたが、このあとの予算が、いま全くありません。

緊急に8月末までに少なくとも2000ドルが必要です。(2校で月に2000ドルほど必要ということです)
みなさまそれぞれに大変な中、本当に申し訳ないのですが、どうか、ご支援をよろしくお願いいたします。


パアラランへの寄付はこちらから。

郵便振替 00110-9-579521
名称 パヤタス・オープンメンバー


このあと、学校の近況報告、ニュースレターの発送等、努力していきますので、ひきつづきパアララン・パンタオのことを、気にかけていただけると嬉しいです。
ゴミ山のふもとの子どもたちと一緒に、希望をつくりたい、分かち合っていきたいと願っています。

パアララン・パンタオのホームページ

f:id:kazumi_nogi:20180803013039j:plain

パアララン・パンタオ(パヤタス校)の近く