星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

夏の旅 宇和島 1 

7日。宇和島に帰省。天気よくて、暑くて、海が真っ青だった。写真は来島海峡。

f:id:kazumi_nogi:20180812161301j:plain

松山で高速に入りそびれ、途中の駅で、息子はアンパンマン列車など撮影して、もうそのまま一般道をゆく。高速道ができてからは、高速道ばかりだったので、くねくね山道の一般道は久しぶり。四国に帰ってきたという気がした。そうだった。宇和島はこんなに遠くてたいへんなところだったのだ。卯之町からは列車は不通。途中の峠の道はのり面崩落で片側通行。
吉田町あたり、山、あちこち崩れている。川もあふれたみたいだ。1か月経つのに、水に浸かったあとだなあと、わかった。

f:id:kazumi_nogi:20180812162534j:plain


豪雨被害のとき、このあたりの被害の報道は遅れた。同じ市内にいながら、父は被害のことを、2日後にニュースで見るまで知らなかった。自宅の雨漏りだけを見ていた。叔父のひとりが住んでいるところは川のそばで、絶対浸かっただろうと思っていたが、そこはいつも浸かる場所なので、アパートの1階は駐車場、叔父の部屋は2階で、問題ない。窓から、前の道を、人が膝までつかりながら歩くのを、見ていた。

宇和島に着いて、父を誘って温泉に行く。それから回転寿司に行く。いつも通り。

8日の朝、兄と朝ごはんして、息子を連れて図書館に行って、暇つぶし。図書館建て替えになるらしい。来年はもうここにはないのだろう。私がいた頃は、もっと古い木造の図書館だった。もういなくなった人たちと一緒にここに来た。図書館で一緒に過ごすことができた人たちのことは、いつまでも大好きだ。
中学校のときに読んだ本を探してみたけど、見つからなかった。何年か前にはあったのに。ずいぶん古いからしょうがないのか。

 

そういえば町にセブンイレブンがやってきていた。父の家の近くのファミリーマートはなくなり、兄のすんでいるところの近くのサンクスKもなくなり、こんどはここにファミリーマートが来るらしかった。マニラと宇和島をつなぐセブンイレブン
そこにかつて何があったか、消えてしまうと忘れてしまう。コンビニの前には何があったのか。高校生のころ毎日見ていたはずの場所なのに、もう覚えていない。

午後、待ち合わせて、釣りへ。マニラの海は宇和島の海と同じ匂いがした(と息子は言った)が、どうだろう。

釣りの用意は叔父がしてくれる。父と兄と叔父と私たち3人。ゼンゴ(小あじ)ばかり釣れた。2時間ほど。全部で80~100匹ほど釣ったんじゃないか。私はずいぶん調子よくて29匹釣った。
湾の向こう岸にも、崩れたみかん山が見えた。

f:id:kazumi_nogi:20180812162826j:plain

魚は叔父がさばいてくれて(私は下手なので手を出さない)、夜は飽きるほどの小あじの刺身だった。絶品。残りは一夜干しにしたのを、もらって帰る。

f:id:kazumi_nogi:20180812162912j:plain