星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

天気雨

f:id:kazumi_nogi:20181023142942j:plain

5日ぐらい前に見た虹。その前にお天気雨で、光と雨が一緒に戯れているみたいなのが、楽しいなあと、傘さして散歩したんだった。

秋。お隣からたくさんの柿と栗をもらって、ようやく柿を食べ終えた頃、またたくさんの柿をもらった。毎日3個の消費がかれこれ一週間続いているが、まだまだなくならない。

栗のほうは、息子が嫌い、給食の栗ご飯は友だちにあげるほどなので、食べる人はひとり減る。どうしたもんかなあと思っているうちに、おじいちゃんやってきて、
お土産が、またたくさんの栗だった。私たちに、ではない。孫に、である。
息子が栗が食べられないのは、小さい頃におじいちゃんにアイスクリームのあとに甘栗食べさせられたときに吐いてしまったせいで、それだけでもないか、豆の類のぼそぼそしたやつは食感的に駄目みたいなんだけど、おじいちゃんは、孫が栗を食べないの知っているはずなのになあ、忘れているのか、忘れたいのか、これはなんの挑戦だろうなあ、
というわけで、ありがとうございますと受け取るしかない私の目の前には、たくさんの栗。一度は栗ご飯もつくった。皮むきしんどいし、息子は別メニューだし。

ゆでて置いといても、私もあんまり食べたいわけでもないのだった。それで思い立って作ってみた。茶巾しぼり。子どもの頃に、母につくってもらったことが一度くらいはあったような。記憶をはるかにさかのぼって、作ったらできたなあ。

f:id:kazumi_nogi:20181023143025j:plain

なんと。息子が一個食べた。一個だけど。ほっほう、私の勝ち、みたいな気分だわ。おいしかった。

これで一袋片付いた。あと2袋。