星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

やむにやまれぬ

インフルエンザ猛威で、連休が連休になった。予定されていた休日の授業が中止になったらしく。大喜びの息子は、土曜の朝一番のバスで出かけていった。雪も期待したらしいけど、雪降らなかったけど。
数日前に、先輩から列車の運行時間がメールで送られてきて、それからもう、そわそわそわそわ。といって先輩と一緒に行くわけでなく、ひとりで行ってひとりで撮影して、ひとりで帰るんだけどね。電車に乗ってどこかに行くならともかく、走るのを見るだけって、何が面白いかさっぱりわからん。さっぱりわからんが、出かけて行きたい、やむにやまれぬ気持ちは、わかんないでもない。

海田市駅1番線の早咲きの桜・緋寒桜 - YouTube

同じように電車を撮っていたよその高校生と、言葉すくなに挨拶をかわしたそうでした。

ところで息子、最近気づいたことがある。クラスでにぎやかな女子は、なんといっても洪水ちゃん、ついで、ワクワクちゃん、とでもしとこうか、何かツボにはまると笑い人形になる子がいる。席替えで、ワクワクちゃんが隣になったが、そのとき、え、この人の隣?といかにもつまらなそうな顔をされた、らしい。以来、ワクワクちゃんがなぜか授業中しずかである。洪水ちゃんも自分の隣の席のときは、なぜかおしゃべりが少ない。うるさくないのは、助かるんだけど。

学校でどういう態度でいるわけ?と聞くと、「基本寡黙」と言う。男子の友だちは基本オタク。そりゃわかる。女子とはどういうやりとりするわけ?たとえばノート見せてって言われたら?黙って差し出す。返してもらったら?…無言。
そりゃあつまらん。チッ、とか舌打ち聞こえてきそうだよね。「それだよ、それ。ぼくは休んでた子にノート貸してあげたのに、返すとき、何か不満そうなんだよ」
いやいや、あんたが、ものすごくつまんなそうな顔してるんだって。

「だって、何話せばいいかわからんやん」と言う。そりゃまあそうだ。

不機嫌そうな男子である。つついたら、にゃあ、と鳴くことは、いまのところ、私しか知らない。