星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

人の心とは……

「――人の心を知ることは……人の心とは……」
というフレーズを思い出した。立原道造の詩、だということも。

 

 はじめてのものに    立原道造


ささやかな地異は そのかたみに
灰を降らした この村に ひとしきり
灰はかなしい追憶のやうに 音立てて
樹木の梢に 家々の屋根に 降りしきつた

その夜 月は明かつたが 私はひとと
窓に凭れて語りあつた(その窓からは山の姿が見えた)
部屋の隅々に 峡谷のやうに 光と
よくひびく笑ひ声が溢れてゐた

――人の心を知ることは……人の心とは……
私は そのひとが蛾を追ふ手つきを あれは蛾を
把へようとするのだらうか 何かいぶかしかつた

いかな日にみねに灰の煙の立ち初めたか
火の山の物語と……また幾夜さかは 果して夢に
その夜習つたエリーザベトの物語を織つた

☆☆

 

詩の話ではなく、ふと見かけた発達障害の記事の話なのだが、

ADHD注意欠陥多動性障害)が「自閉症スペクトラムの人と違うのは、人の心が分からないのではなく、人の心を考える余裕がないだけ」
という書かれ方を見て、違和感をもった。
自閉症スペクトラムは、人の心が分からない?

もちろん特質として、見えないものの把握は難しい。人の心は見えない。自分や他人の気持ちの把握は、たしかに難しい。だから、「人の心が分からない」と言われるが、それは違う気がする。「わからないんじゃなくて、フラットにしたい意志が働くんだよ」と思う。

こないだ息子が、クラスの人が話しかけてきたりするときに、彼や彼女はどういうつもりで、話しかけてくるのだろうと、考えようとしたら気持ち悪くなった、と言うのがおかしかったけど。
人の心って、おおむね、ろくでもない。魑魅魍魎の住処だし、人の心をわかるって、あなたのなかの魑魅魍魎を嗅ぎ当てる、みたいなことだし、そんな楽しくないことはしたくない。
そんな魑魅魍魎にはかかわらずに、そうではないフラットな地面で、お話したい。

「おまえは人の心がわからない」と罵られることはよくあったが、でも本当は、そういうときの心って、本当は、わかってしまわれたら恥ずかしいような、心、なのではないだろうか。
魑魅魍魎と魑魅魍魎が相槌をうちあうような、おしゃべりができることが、人の心がわかることなら、それはまっぴらごめんと、中学生のときも思ったし、今もそう思う。


思うに、発達障害は、能力の欠落などではなくて、このように脳を使いたいという、脳のひとつの選択の仕方でもあるのではないだろうか。


「わからない」でいることが、優しさだっていうこともあるのだ。

「わからない」とは、人に対してフラットな姿勢でありたいということ、魑魅魍魎以外の可能性に向けて、常にあたらしく心を開きたいということなのだが(ああ、言葉にするのってむずかしい)、そういうことを、理解してくれる人は、多くない。

でも必ずいる。
ので、この世界はすばらしい、と思うよ。

 

日曜日の夕焼け。

f:id:kazumi_nogi:20190628234617j:plain