星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

局地風(わたくし風)

1月27日に、宇和島を襲った強風は、局地風で、わたくし風、というらしい。32.6メートル。とんでもなかったろうなと思うんだけど、兄が言うには、あんなひどい風は生まれてはじめてだったらしい。
その兄が電話してきたのは、7日だっけか。一週間ほど前だけど、ずいぶん前の気がする。強風のあと、なんか妙に宇和島に帰りたい気持ちが募って不思議だったんだけど、兄からの電話は、父入院、の知らせだった。

腹痛で病院に連れていって、入院、検査。本人は、胆石、と思っていたらしい。胆石もあった。胆のうが破裂したとかそういう話でもあった。でもそれだけじゃないようだよと、医者は言って、内科と外科と行ったり来たりの検査で、すでにステージ4で、長くないよ、ということだったらしい。

帰ろうかと言ったら、来てもすることはないからいいよという。コロナウィルス騒ぎで、あんな辺境の町にもマスクがないそうで、病院も家族以外の見舞を制限しているし、家族にもあんまり来てほしくないようだという。本人には本当のことを言っていないし、と。
それで、春休みに息子を連れて帰省しようかということになった。
兄がいてくれて助かる。兄は焼き肉屋で働いているので、マスクは会社にあるので間に合うらしい。

そのあと、父はバイパスを通して、これで食事もとれるはず、だったのが、食べたら吐いてしまうので、再検査再手術を来週にすると、兄が電話をかけてきたのが、3日前くらいかな。思ったよりも悪いようで、いろいろ相談もあるし、一度帰ってくるかというので、今月の終わりにでも帰ろう。

夏に帰省したときには、近所の草引きとかしてたけどな。でも何か不安はあったかもしれない。ここ1、2年、妙におとなしかった。帰る度に、部屋からものが消えて、支度しているようでもあった。

父には余命のことなど告げていないという。兄の判断なら、それもいいかと思う。
でも父さん、自分でわかってるんじゃないかという気がするけど。ああ、でも、もう少しゆっくりでいいんだけどな。

帰省に備えて、マスクつくった。うちにある買い置きのは家族が使うだろうから。ガーゼのハンカチの使わないのがいくつもあったので縫った。プリーツ入り。息子が小学校のときに給食係のマスクを縫ったっけ、と思い出したりする。あと、ゴム買ってこなきゃ。

f:id:kazumi_nogi:20200216002012j:plain

そういえば仕事のお話の電話もきた。これはありがたく。忙しい春になりそう。