星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

大きい数字

ママ、実はね、と話しかけてくる子どもの話に耳傾けたら、その話のあまりのどうでもよさに、腹が立ってくる。
ゲームの話はやめてください。あんたがiPadのなかで育ててるなめこにどんな運命が待っていようと、おかーさんは関心がないんだって、何度も言うんだけど、
懲りない。
ママ、実はね、って。

ところで宿題。
すんだよって言っていた漢字の書き取り、途中でやめてるのが発覚。

読書カード、ようやく1枚書いたが、文章がへん。
へんだけど、最後の行まで書いただけでもえらいや。
これはねえ、書いてる途中に、そういえばそれは、こういうことだったなあ、とか、あとから思い出してつけくわえていくから、なんかへんな文章になるんだけど、

見のがそうかなあ。内容については、幼いなあ、としか。

算数の大きい数字の問題の、0の数があってないのも発覚。
眼鏡かけたり外したりして、0の数、数えるのも面倒なんだけど。

大きい数字といえば、24兆ベクレル、というのを見かけたけど、なんでしょうか、これは。

24000000000000 ?

0の数あってるかな。

そしてそれからどうなるんだろうか。

それはなめこの運命ではなくて、私たちの運命なんだけれども。
それで、まるで何もなかったように、私たちは暮らしているんだけれども。