星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

しあわせな日

「ママ、今日はぼくはしあわせだった」と帰ってきた息子が言った。
何が? ときいたら、
「朝はママと一緒で帰りはパパと一緒で、送迎付きだった」。

そうでした。朝は私が登校当番で、バス停まで登校班の引率をした。帰りは、パパが見回りパトロールの当番で、バス停まで迎えに行った。

なかなかだるいのだが、そうでしたか、しあわせでしたか。
まだまだかわいい。



宿題してるはずが、のぞいたら、畳のへりにそって、ミニカーをずらっと並べて遊んでいるのも、情けないほど、かわいい。

それでまた、毎日おんなじことを言わなきゃいけないわけだ。机に向かいます、ノートを開きます、下敷きしきます、丁寧に書きます。


それでまた、目を離したら、ミニカーの列が長くなっている・・・。