星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

雷雨ののち

昨夜、大雨雷雨警報。雷の音がすごいなと思っていた夜9時過ぎかな、10時頃かな、息子がお風呂に入ろうと裸になったところで停電。こわがってしばらく裸のままでうろうろしていた。たまに停電はあるが、数分で回復するのに今度はなかなか回復しないなと思ったけど、それでもそんなに長く待たず回復した。

そのあとも雨と雷はつづいて、夜中すぎからひどくなった。2年前の8月にフィリピンにいたとき、台風の雨つづきのとき、夜中にこんなふうなひっきりなしの雨と雷で、雷は、花火大会の花火の、バババババンとたてつづけにあがるときの感じ、眠れなくてこわかったなあと、思い出したりした。マニラで50人ほどが亡くなった台風だった、そのときの雨と雷に似ていた。

朝、ラジオ体操はもちろん中止。でも雨はやんでそうなので、予定通り、市内へゆくことにする。
近くの郵便局によって、そのあと道の渋滞が大変そうだったので、高速道路を使った。息子と約束していた朝10時半からのディズニー映画「プレーンズ2」をみて、そのあと銀行に行ってパアラランに送金。この送金を、私は急ぎたかったのである。

帰るとき、土砂崩れの現場近くを通った。通行止めなんて知らないから、いつもの道を通っていたら大渋滞で、渋滞の間、車の窓から現場が見えた。崩れたのは一か所二か所ではない、何か所も崩れ落ちてる。水がまだ、山から湧き出しているのが見える。自衛隊も救急車も消防車も来ている。ずいぶん離れたところまで泥が流れてきたのがわかる。ようやくぞっとしてきた。

Cimg7431


私んちの団地もだが、このあたりいたるところが、似たような立地である。崩れそうな山と氾濫しそうな川ばかりのところに住んでいるわけだ。
結局、道はその先、橋のふもとの土砂崩れで、通行止めで、引き返してまた高速道路で帰った。



いろいろ心配のメールとか電話とかありがとうございます。うちのあたりは無事です。町内会では先だって防災名簿つくりましたが、来月防災訓練ありますが、でも実際、こんな夜中にこんな雷雨が来たら、こんな真っ暗な坂道、逃げようがないと思う。避難所遠いし。コンビニのほうがまだ近い。夜中も開いてる。

郵便局のお姉さんが、あんな雷はじめてです、と言っていたけど、私も、日本でははじめて経験するかも。今年の夏は、こっちのほう、南国の雨季のように雨ばっかりだったし、ほんとに、どこで何が起きるかわからないなあと思う。みなさんも気をつけてください。