星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

天体育ち

昨日は参観日。
掲示板に、絵が貼ってあった。大きな木がほしい、っていうテーマの絵。息子のを見たら、木の上の見晴らし台から、町や遠くの山が見えるという絵で、彼は、つまり町の絵をかきたかったんだな。ビルとか家とか工場とか、道とか川とか。
それで途中で時間もないし、根気もつきた、という感じの絵だった。

階段ですれちがったTくんが、「このまえはごめんなさい」って声かけてくる。いや、私に謝らなくていいんだよう。「いいよう」って言ったら、あとついてきた。
まだまだかわいい。

道徳の授業は、失敗を正直に言うか言わないかの葛藤を扱ったお話しでしたが、あとの懇談会で、本読みしてないのにしたって、親の筆跡まねて自分でサインしてる、こととかは、まあ、言わずにいてやる。近所の女の子のお父さんいたので、ばらさないでいてあげた。

エレクトーンのアンサンブルの発表会の衣装をMくんママから受け取る。スーツである。スーツ。どこで見つけてくるのか不思議なんだけど、思いのほかに安いんだけど、ついてる札見たらロシア語だった。なるほどなあ。
夜、袖と裾の縫い上げをする。チクチクチクチク。めんどくさいっ、のをなんとかこらえてする。

その横で、息子は、図鑑を見ていた。
星のページ。 北の空にはカシオペア
カシオペアを、アラビア人はラクダのこぶって呼んだらしい。愛媛のひとは、やまがた、って呼んで、瀬戸内海の漁師は、船の錨と呼んだらしい。
ぼくだったら、と息子が言う。
「おしり座」
それで、その横には「おしりかじりむし座」があるかもしれないよっていう。
どこによっ。
とかげ座ならあった。
ああ、私はやまねこ座の背なかにのってどっかに行きたい。

服は15センチ縫い上げ。針に糸とおすのが、むずかしくて、泣きそうだったい。
太るな。太らなかったら、あと数年使えると思う。



ところで、ながらく謎だったんだけど、ようやく最近になって、ネットプリントというものを理解した。それで、私もやってみたので、お知らせします。

「短歌両吟・天体育ち(抄)」蝦名泰洋と野樹かずみのコラボ。

Cimg4817



セブンイレブンからは、プリント予約番号:08375907 10月31日から11月7日まで。A4で1枚。白黒20円、カラー60円。
セブンイレブン以外からは、ユーザー番号 3YFDYUQBZU 11月8日pm2時まで。

コンビニに行って、ネットプリントの番号入れたら、短歌が印刷されて、出てくるって寸法です。写真があるので、カラーでもいいけど、たいした写真じゃないので白黒でいいかと。
楽しんでもらえればうれしいです。