星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

お片付けのつづき。
本と紙くずの山。ああ、湿気てるし。
いろんなもん出てくる。机の下にもあれこれ積んであるその奥のほうの、汚れたビニール袋、なかのものは新聞紙にくるまれている。何かこれは。Img_4717_2 
え。
絵。
むかし、パヤタスの子どもたちの絵をかいたの。
一枚は、ここに引っ越してきたとき、本棚の上に飾っていたんだけれど、
これ。水彩。96年。 


あとは、どこにいったか、わかんないし、忘れていたし。
してたんだけど、なんかたくさんある。
こんなのも。水彩。97年。
Img_4713

あと油彩も何枚か。
安いボードに、もらったり拾ったりした絵の具で画いた。色が揃ってないので、あれこれ混ぜるのが面白かった。
ああそうだ。そのときの残りの絵の具のカチカチなのを、むりやり絞り出して、こないだ畑の石に「天空農園」って書いたんだ。

学校を支援することにした、したはいいが、どうすればいいんだろうなあ、とか、お金がないなあ、とか、思いながら、写真みながら画いてたんだ。
95~97年頃。そうでした、絵を画いてる間、写真見てる間は、パヤタスのことを思い出すよな、見なかったことにできないよな、と自分にプレッシャーかけてたんだ。

とりあえず写真だけとって、また新聞紙にくるんで、ビニールに入れて、見えないところにしーまったっと。



この調子で毎日片付ければ、2か月後には、家中の掃除ができるはず。
はず。