星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

天使の三番目の翼

久しぶりにひとりで山を降りて、街へ出た。街へ出るには山を降りるのだ。一時間半から二時間かかる。交通費もかかる。バスも電車も値上げしたし。

映画に行った。

アンゲロプロスの遺作「エレニの帰郷」

http://www.eleni.jp/index.html

ユーチューブも貼っとこう。

http://www.youtube.com/watch?v=LMA656ahL5A

映画館で泣かなかったが、いま思い出して泣きそう。

1953年からはじまって20世紀の終わりまでの、物語。

それにしても、たまに行く度に、ぼろぼろ具合に胸打たれる映画館のビルでしたが、それで館内に入ると、座席がすばらしく広くて座り心地よくてテーブルまでついていることに、とてもしあわせな気持ちになるんだけども、

テレビ局がなんか取材に来ているふうで、なんかなあと思いながら、

映画終わって、久しぶりに、昔のバイト先に、お好み焼き食べに行って、

新聞見たら、

サロンシネマ、8月で閉館という記事が載ってた。

1955年からやってたらしい。雨漏りしたり外壁が崩れたりしてたのも補修しながら続けてきてたのも、もう限界で、閉館するって。

それはすごく、すごくさびしい。

どこかで新しく続けてくれるとは思うんだけども。

そうよ、私が学生だった頃から、変わらないのって、この映画館と、バイト先の店ぐらいだけども。行くと、かるーくタイムスリップする。

店、2年以上行ってなかったらしい。全然そんな気はしない。お店のなかは嘘みたいに変わってない。ピンク電話がいまもあるし。私いまでもそこで働いている夢を見る。

でも、あたりの風景は、ずいぶん変わってしまった。学生の頃バイトしていた30年前とは全然ちがうし、しばらくまたバイトしに来ていた12年前とも。

お土産に手作りハンバーグと檸檬をもらった。

でも、あのあたりに行くと、30年ぐらい時間をさかのぼった感じがする。

見えないけど、あのあたり、30年前の私の化石があるよ。

関係ないけど、「エレニの帰郷」の原題は「時の塵」だって。

ついでに図書館に寄って、ふだん見ることのない短歌や詩の雑誌を、まとめてみておこうと思ったけど、机に向かったら、いきなり睡魔。

無理だ。

電車とバスと乗り継いで帰る。バス降りて坂道のぼるのが、つらい。こんな坂道、子どもたち、よく毎日のぼったり降りたりしてるよ。

それからいちご摘みにいく。今日のいちご177個。

今日のおやつ。いちごバナナチョコパフェinどんぶり(バナナ埋もれている)といちごジュース。

Cimg5813

ご飯炊けるの待っている。今から遅い晩ごはん。もらって帰ったハンバーグ食べよう。