星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

きっときみはこない

毎年12月になると、この曲が家のなかで流れ出す。山下達郎のクリスマス・イブ。 パパが聞かずにいられなくなるらしく、CDかけたりするのだ。 去年からは息子がピアノで弾いてる。去年指がとどかなかったところが、今年は届くようになっているそうです。

クリスマスですね。うちは私がなんにもやる気がないので、ケーキもサンタもプレゼントもない。そんなことはかなしくて耐えられないという息子のために、義父母さんちにゆきます。そこに行けば、寿司もケーキもプレゼントも、思いのままだよ。 おばあちゃん合唱団で歌っているおばあちゃんのために「花は咲く」も練習中。それくらいはやってあげなよ。

明日はだから、朝、学校に懇談会に行って、そのまま、帰省の予定。 用意しなきゃ。