星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

子ども会

子ども会の緊急役員会。
なにかと思ったら、6年男子2年女子のお母さんの問題なんだけど。
去年、一緒の係りだったから、わかるけど、何もしない。虚言癖もあるかもしれないし、精神的に不安定なのは不安定。
それは他の役員さんたちもわかっていたはずなのに、なぜまた今年も登校班の係りをさせているのか、不思議だったけど。たぶん人が少ないという問題とか、どうしてあの人だけ免除されるのとか、いろいろあるんだろうけど。
それで、彼女への苦情が多い。登校のとき、小さい子が彼女にすごい叱られ方して、こわがって学校へ行きたがらないとか、いろいろあるらしい。
すると彼女は、もう子ども会やめる、とか言っている。
係りがいなくなるのは、三役が代りにする、と。

そこで問題は、この地域、子ども会の加入率100パーセントなわけ。なので、登校班は子ども会で組織している。バスの定期券も、子ども会でまとめて面倒みている。
子ども会を抜けるとなると、バスの定期券の手配とか、個人でしなければいけなくなる。それが面倒なので、子ども会に入ってる。会費払って。

子ども会がわずらわしくていやだという人は、転居したりで不思議といなくなっていったから、加入率100パーセントなわけです。
が、そうでなくなるかもしれない。

登校班を子ども会から切り離して考えるのならば、規約の改正が必要になるし、バスの定期券も、登校班でしなければならなくなる。それはそれでもうひとつ別の組織をつくるようなことで、面倒でもある。
なので今回は、個人的な事情で、登校班の係りと当番を彼女はできない、ということで処理したい。ただ、このことで、子ども会に入らなくていいんだ、という風潮になってもこまるので、無駄な話はしないように。

子どもはどうなりますか。みんなと一緒に行きたければ行ったほうがいいんじゃないでしょうか。学校としても登校班で来てほしいだろうし。

と訊いたら、それは駄目でしょ、と言う。自分は係りも当番も何もしないで、でも自分の子どもは連れてってというのは、勝手すぎる。
お母さんに連れていってもらいなさい、と言うか、すこし離れてついてくるならそれは仕方ないのか、にしても、登校班は外れてもらうことになるよ、と。

みんなそれぞれ事情もあってたいへんななかで、係りも当番もやってるのに、自分の子がバスにのれなくて登校班つかわないにも関わらず、登校当番やっている人だっているのに。あの人のわがままはなんなの、というのがあるんだけどもね。
そのまなざしが、いやだな。

係りも当番もやれるのは、それなりに幸福に生きているってことと思えないかな。
子どもが自分から班を外れるならともかく、大人の事情で、この班に来てはいけないとか、それはないだろう、と思うんだけど、話が通じないし、だれも味方してくれないし、隣の班で事情がわからないからそれ以上言わなかったけど。

そうでなくても居場所のなさそうな子どもなのに。うちの子に声かけてくるぐらいだから、よほど居場所がなさそうなのに。

彼女の息子が自分の子を誘うのを不安がってるお母さんもいたりして、でもあなたの息子も、同じように遊び相手がいなくてうちの子に声かけてきてるんだよと、思うけど、黙っといたけど。

私も子ども会やめたいかなとちょっと思った。