星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

机の上の工事現場

5月。気づくと新緑が眩しい。
今朝、子どもははじめて、ひとりで登校した。通学班の集合場所までの200メートルを2年間つきそっていたのを、4月から毎日すこしずつ、ひとりで行く距離を長くして、5月になった今日、ついに家の前からひとりで行った。
毎朝毎朝、坂道降りてのぼってが、だるかったのに、今朝はなんてあっけないことだったろう。

で、親は阿呆なので、犬の鳴き声がすると、子どもが吠えられて逃げ帰ってくるんじゃないかと、しばらくひやひやしてたが、帰ってこん。行けたみたいね。

夕方、子どもとオセロする。
泣いたりすねたり面倒くさいので、「負けても、泣いたりすねたり机の下にもぐったりしません」って宣誓させてからする。負けっぱなしで、今にも泣きそうなのを、必死でこらえてるのがかわいいが、今日は彼は、勝ったよ。
そいで「ママ、机の下にもぐりたかったら、もぐってもいいよ」だってさ。

子ども、口のまわりの皮膚炎が、全然なおらん。どころか、また腫らしている。気になるからさわるんだろうなあ。薬ぬってもぬっても改善しない。困ったなあ。

そういえば私は小学校のときの膝の擦り傷を、ひっかいてひっかいて、しじゅう血だらけにしてて、大人になってもまだひっかいていて、最近ようやくひっかくのがおさまって、すこしきれいになったけど、傷は残っているし、皮膚の色はすっかり変色している。

気持ちはわかるんだけどさ。そこ、顔だからさ。

子どもの机の上。Img_4375 

高速道路がのびていたり、車が増えていたり、家ができていたり。工事現場さながらですが、床には紙の切りくずが散乱。
ま、宿題のできる机じゃないねえ。

広島ブログ