星ヶ丘ゆき

kazumiの日常雑記

夏休み!

夏休みになって、はや1週間。
午前4時50分になると、向かいの森のセミがいっせいに鳴きだし、鳥が鳴き、夕暮れになると蛙も鳴く。にぎやかだ。ムカデを2匹、ゴキブリを5匹ほど見つけて殺した。畑のブルーベリーが食べきれないほど採れる。

f:id:kazumi_nogi:20190731020507j:plain f:id:kazumi_nogi:20190731020614j:plain 


三者懇に行くと、成績とか見せられましたけども、数学とびぬけて悪いのに、担任は不思議なことを言った。「彼が数学ができないという印象はないのです。なのになぜ、試験で点数が取れないのだろうと」「答案はびっしり書いているのに、正答ではないようなときがあって、見ていたら、他の数学の先生もきて、名前をみて、彼なら、何か別の解き方を発見したのかもしれない、というのでふたりでずっと見て、やっぱり違うか、ということがあったんですけど」って、それは何の誤解でしょうか。
母の目からは、頭のどこかが雑で、ざるのようで、そのざるから、数字が消えていくのだとしか見えないんですけど。怠け者だし丁寧さに欠けるし。それで成績よかったら不思議だけど。
息子、学校ではしっかり猫をかぶっているらしい。

月曜日、夏休みのボランティア活動があって、平和公園周辺で、外国人観光客に英語でガイドをするというもの。集合時間は10時なのに、早朝6時に家を出た。
で、何をしていたかというと、久しぶりの市内で、早朝から、市内電車の撮影をしていたらしい。いろんな種類の電車走っているので、被爆電車とか京都の市電とか、たぶん1時間半くらいは電車眺めてしあわせだったのだろう。夜、パパとふたりでビデオ再生して眺めていたわ。えんえんと電車が走っているだけの映像を。
で、ガイドのボランティア、1時間半ほどのノルマを果たしたあとは、友だちと鉄道模型で遊んで帰る、と。

息子、毎日、カープの試合ばっか見てるけど。夏休みの宿題と休みあけの試験の心配は、私はもうしないからな。いまいましい野球だが、甲子園、宇和島東の出場が決まって、それは私はたいへんうれしい。

フィリピン行きの準備をばたばた。いまから寝て目が覚めたら出発します。息子連れ。来週帰国したら、そのあと山口に帰省、そのあと、宇和島に帰省。
怒涛の夏休み。

暑中お見舞い申し上げます。